2009年08月19日

『挑戦するピアニスト 独学の流儀』金子一朗



挑戦するピアニスト 独学の流儀

ピティナのサイトでも、話題になっていましたが、アマゾンのカテゴリー別のランキングで1位だそうです!

この本、俗な言葉でお許しいただけるのなら、めっちゃ面白い!!の一言です。

なるほどなあ〜、と唸ることがほとんどですが、
自分が考えていたり、実践していたことが「あ、やっぱり間違っていなかったんだ(正確に言えば、少なくとも方向性は間違っていなかった」とより確信が持てたりして、

より効率的な練習をする=より長くピアノライフを充実させる

になる、との想いを強くしました。

びびがにこそ、読んでくれて納得してほしいんですがね・・・。^^;

私も和声とか、もっとちゃんと勉強しなくては・・・。

またピアノに向き合ってみようかな。とも思ったりして・・・。(^^ゞ


posted by 乃琶 at 20:33| Comment(4) | ピアノ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乃琶さん、こんばんは。

そちらは夏休みが短いんですよね。
そちらほどではないと思いますが、私も
小学校時代、青森に住んでいた時は、
夏休みが関東より短かった記憶があります。
(代わりに冬休みが少し長かったような・・)

香港は、夏休みが長すぎ!
今年は特に新型インフルエンザのせいで
6月半ばから休校になってしまったからなのですが・・・
ようやく、明後日から愚息の学校が始まります。
びびちゃん、お体の方、どんなにか辛いかと・・・
少しでも改善されますよう、心からお祈りしております。


この本、何気に世間で騒がれてる?ってちょっとだけ
気になっていたのですが、そうですか、
乃琶さんが「めっちゃ面白い!」と思われたのなら、
そりゃ、読まなきゃ!です〜♪
何とか手に入れて読んでみたいと思います。
ご紹介をありがとうございました。
乃琶さんも、お体お大事になさってくださいね。
Posted by ペンネ at 2009年08月19日 21:21
ペンネさん♪

夏休みですが、札幌市内の公立中学校は30日間、その他の小中高は25日間、
冬休みとあわせて50日間と言うのが普通みたいです。

新型インフルエンザ!!??
札幌も地元の球団の選手が集団感染して、少し心配です。
実は今から五嶋龍くんのリサイタルに行くのですが、マスクして行こうと思っています。
なんとか流行落ち着いてほしいですが・・。

びびへのお気遣いありがとうございます。
何か効くまでは、とにかく何でも試して見ようと思っています。

最後になりましたが、この本、とっても勉強にもなります。
もちろん、金子さんの持論ですが、ピアノに限らず効率的に何かを習得するためには、と言う心構えみたいなものもためになりました。

もし機会がありましたらぜひ!!
Posted by 乃琶 at 2009年08月20日 17:02
この本、ピティナからも案内が来ていました。
金子さんについては、私も大人の生徒さんを指導している関係上(そして、自分もレッスンを受けていることもあり)とても気になっていました。

いったいどういう風に練習時間を作っておられるのか?と言う疑問。

私が信じてやってきていることは間違っていないのだろうか?他の人ならどうアプローチするんだろう?

などなど。

多分買うと思います。
Posted by ことなりままっち at 2009年08月26日 12:08
ことなりままっちさん♪

どうも、seesaa側の不具合でコメントが表示されないみたいですね・・・。

金子さんの本、時間がない大人だけではなく、ピアノを学ぶ人すべてにとって価値があると思います。
曲を弾く、ピアノを弾くとは、ということの
理論的な裏付けからご自分が編み出された練習方法が
隠さず述べられています。

もちろん、全部そのまままねできるかどうかはわかりませんし、
人に寄って違うところもあるかと思いますが、
すごく説得力があり、さすが特級グランプリまで穫られた方だなあと感服しました。

「レッスンは、自分でできることはすべてやってから行く」と言う言葉には衿を正しました。
Posted by 乃琶 at 2009年08月27日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。