2010年01月14日

東京で、念願のご対面。

遅くなりましたが、10、11日と東京へ行って参りました。

10日に所用があって行ったのですが、
その日は妹夫婦と一緒に食事、宅に泊まらせてもらいました。

妹とは、一昨年祖母の葬儀で会っていましたが、義弟には久しぶり。

でも、この夫婦、本当にユニークで相変わらず、おとうとくんは
妹の尻に敷かれているようで・・・。^^;

いや、再会嬉しかったです。

そして翌日。

できるだけ安い航空券、と思っていたので、
帰りの飛行機は14:10分発、なんせ、10日のことが済めば・・・と思っていて
帰りはもうどうでもいいと思っていて・・・。^^;

午前中、正直ハードでした。

でもでも、なんとまあ、ネットでは物凄い古いおつきあいの
すけきよさんと初めてお会いすることができまして・・・。

それも、すけきよさん宅に伺い、いえ、すけきよさんお屋敷に伺うことができ、あの、名器と言われるピアノをびびは弾かせていただいたのです。

年代物のピアノは、重厚な響き、それでいて「アマデウスで使われたチェンバロみたいな感じ」とも、びびは言っていました。

2月に弾く予定の曲。そしてさ〜っぱり練習していないエチュードと弾いて、
もうぼろぼろでしたが^^;、すけきよさん、
「すごいカッコいいピアノだね!!」とお褒めくださいまして・・・。m(__)m

ありがとうございました。

そして、すけきよさんのバラ4、しかと聴いてきましたよ。

なんか緊張されて、っていうか、私たちと会えたのが嬉しくて?(^^ゞ
力みが入ったとかで、
ご本人満足行っていなかったようですが、
どうしてどうして。

すっごい音楽があって、じ〜んと胸に染み入る演奏でした。

フレーズの整え方や、呼吸、間の取り方とか、もうお見事で!!!

我がことのように感動し、
「ああ、ショパコン聴きに行きたかったなあ」と改めて思いました。

あっという間に12時になり、私たちは空港へと向かったのですが、
ああ、なんて素敵なスケキヨ邸だったのでしょう。

夢のように楽しい時間、さようなら〜、と、
氷点下の北海道に降り立ち、我家に入ると
「うう・・・散らかり放題・・・」

ただちに現実に戻りました。

すけきよさん、本当にお会いできて嬉しかったです。

我家でよければ、今度いつでも遊びにいらしてくださいね。

ピアノで繋がるっていいなあと、しみじみしています。(^^)
posted by 乃琶 at 22:39| Comment(0) | ピアノ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。