2006年10月03日

広瀬悦子 ファンタジー〜幻想曲集〜



広瀬悦子「ファンタジー〜幻想曲集〜」


ぜひとも生で聴いてみたい!と思っている若手のピアニストの一人が
広瀬悦子さんです。

第1回マルタ・アルゲリッチ国際コンクールで優勝、アルゲリッチ本人に大絶賛を受けたと言うのを聴いて、ぜひとも聴いてみたいと
デビュー盤の「シャコンヌ〜ピアノ・トランスクリプション 」を買って、ビックリ仰天!確かな技術だけではなく、しっとりと聴かせる歌心も兼ね備えており、その力量に感嘆してしまいました。
すっかりファンになり、続く二作目の「ラ・ヴァルス 」も購入。これでも、華麗なる響きを存分に味わうことができ、つい先頃発売されたこの三作目には、もう胸をワクワクさせて聴きました。

”ファンタジー”と名付けられたこのアルバムには、モーツァルト、シューマン、ラフマニノフ、リストと言った四人の作曲家の”ファンタジー”が収められています。
それぞれ個性の違う、でもおのおのが考えた”ファンタジー”について、
広瀬さんはきっちりと弾き分けています。

モーツァルトは、私自身あまり好きではない^^;作曲家の一人だったのですが、広瀬さんの弾く透明感あふれる演奏を聴くと、何と言うか気持ちがよくなって行き、癒されるのです。これがモーツァルとの心地よさだったのか〜!と目から鱗の想い。

続くシューマンでは、もうロマンティシズムの極みですね。ポワンとした文字通り幻想の世界から、壮大な行進曲等の3部構成をメリハリ良く、抜群の完成度でまとめあげています。
久々にこの曲を聴いたのですが、改めて傑作と言われる所以がわかりました。

ラフマニノフは、また打って変わって叙情に満ちた世界。それでいながらけっして情に溺れず、きりっと引き締まっています。哀愁漂う「エレジー」から始まり、超有名な2曲目の「鐘」、5曲目のスペイン風の「セレナード」へと続く過程では
凍てつく大地で、春の訪れを待ちわびるラフマニノフの心情までもが伝わってくるようで、心に染み入ります。

そして、何と言っても最後のリストが圧巻!
「ダンテを読んで」は、何枚かCDも持っていますが、今までどれも良いとは思えなかった曲でした。
約18分からなる大曲(広瀬さんの演奏では)ですし、リストの代名詞、ヴィルトウォーゾ性も非常に高く、とても芸術的な曲です。が、今までのはどれも、技巧的にはとても優れていても、曲としてのまとまりに欠けていたり、技巧をきらびやかに披露することと曲の重さにただ酔って、何を伝えたいのかがぼやけていたりするものでした。
が、広瀬さんのは違いました!
一言で言い表すとすれば、非常にわかりやすいダンテです。と言いましても、薄っぺらなあらすじだけを追っている演奏ではけっしてありません。

冒頭のシンコペーションの切れ味の鋭さから、もう、ぐっと魂をわしづかみにされます。
おどろおどろしい光景が渦巻く地獄と、天から降り注ぐ光がまぶしく輝く天国との見事な対比に、思わず唸ってしまいました。
壮大なドラマを繰り広げながらも、中だるみも過剰すぎる演出もなく、一気に終わりまで持って行かれるのです。
そして聴き終わった後の、何とも言えない爽快感・・・。
聴くとスッキリ、胸が誠にスカッとするリストです。

やはり、広瀬さん、ただ者ではない。
待ちに待った三作目も心底そう思える一枚でした。(^^)

もうはや次回作が楽しみです♪



posted by 乃琶 at 18:48| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ピアノ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自身のある方は「美沙」までメールください。(*´ェ`*)♪ ttp://www.b8y.in/
Posted by 玲子 at 2012年07月16日 07:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24833771

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。