2006年10月09日

焼き菓子LOVE

大荒れだった空も今日は収まり、札幌は晴れのお天気になりました。
私はどうも、風邪っ気が抜けないのか、不調。
今日は家族全員が何も用事がないので、一日家で過ごしていました。

「何かお菓子でも作ろうかな〜」と思ったものの、冷蔵庫には卵は2個、牛乳はないし、
あまり凝ったものも作りたくないし・・・。
ということで、卵白だけはいつも冷蔵庫に常備しているので
"フィナンシェ”を作ることにしました。
そうそう、これなら卵白しか使わないし、バターはこの間買ったばかり、トリモリン(転化糖)も同じく買ったばかり、後はグラニュー糖と粉と、アーモンドパウダーだけ・・・。
え!?アーモンドパウダー!!??

ない!!

私が作るフィナンシェは、昔お菓子を習っていた時に教えていただいたレシピで、
アーモンドパウダーはスペイン産のマルコナ種を使います。
このパウダーが、先日の杏のタルトを作っていて切れてしまっていたのでした。
買い足すのもすぐにはできない品物なので、市販のアメリカ産で少しだけ凌いだのですが、
そのアメリカ産のアーモンドパウダーも少ししか残っていません。。。

どうしよう・・・・。(*_*;

そこで、パッと閃いたんです。
「アーモンドパウダーはないけど、アーモンドスライスはたくさんある。それをバーミックス(ハンディプロセッサー)でパウダーにして使おう!!」\(^o^)/



挽き具合を慎重に確かめながら、自家製?アメリカ産アーモンドパウダーの出来上がり。

材料が全て揃い、さっそくフィナンシェ作りに取りかかりました。
このお菓子は、何度も言っています通り、私の原点とも言えるお菓子。
もう、何百回と作って来て、プレゼントやお使い物にしたり、
いろいろな想い出のシーンに活躍してくれているお菓子です。

他のレシピでフィナンシェを作ったことがないので、よくわからないのですが、
外側がかりっと焼き上がってでもほんのちょっとだけしっとりし、
噛んでみると、中はほっくりとして、アーモンドやバターの味わいがじわっと広がる
このフィナンシェの美味しさを知ると、他のものは食べられなくなります。

そのレシピなのですが、とても親切にわかりやすく教えてくれている本があります。



椎名眞知子著 フランス菓子店『イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ』の焼き菓子教室

です。これは、私が習ったレシピを基に、初心者の方にもわかりやすく、易しくアレンジした
フィナンシェのレシピが載っています。
材料も器具も、ご家庭ですぐに手に入るものばかりで、気軽に取りかかれ、
いつもよりも数段美味しいフィナンシェを作ることができます。
もし興味を持たれましたら、一度この本を手に取ってみてください。



さあ、美味しそうに焼けました♪♪♪

私と夫は、夕食後のデザートとしていただいたのですが、そうですね、
やはりアーモンドパウダーがアメリカ産だからかいつもよりもあっさり目。
それでも、充分に美味しい〜〜♪やっぱりフィナンシェ大好きです。(^^♪

さて、びびですが・・・。



私が今日焼いたフィナンシェには目もくれず、
金曜日に焼いた杏のシフォンケーキの、残っていた1/4カットを手づかみで・・・。^^;

本当に、びびは杏のシフォン大好きなんです。だからしょうがありませんね。
またリクエストされましたので、また作らなくちゃ。。。
あ、でもフィナンシェも明日は食べてもらいますよ。(笑)

焼き菓子が恋しい季節ですね。(^^)
posted by 乃琶 at 21:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | お料理・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

グレゴリー・コレの看板商品フィナンシェ各
Excerpt:  美味さりげない白いリボンの包装が可愛くてよかったです。綺麗に包装されていたのでちょっとしたお返しにぴったりだと思います。ホワイトデーに贈りました。センスがいいと褒められちゃいました。「グリ..
Weblog: 焼き菓子をたくさん集めました
Tracked: 2007-09-11 21:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。