2006年10月23日

目指せ、ピラティス道!!

わ〜、やってくれました!我が北海道日本ハムファイターズ、
昨日見事に逆転勝利を収め、いい形で本日帰道、先ほど札幌ドームに入り、ただいま練習中だそうです。
もう、勢いはこっちのものですからね、明日からは三連勝、胴上げ日本一!
と行きましょう!

と、心は暖かのはずなのですが、

さ、寒い!!!寒すぎる!!(*_*;

きょう、札幌の手稲山に初冠雪。札幌の最高気温は9.1℃でした。
う〜、もう、10℃行かない日がやって来ました。
私、この秋初めてコートと、ストール巻いて外出しましたよ。
はい、街中にはウールのオーヴァー姿の人も見かけますよ。

そんな私ですが、今日、めでたくピラティスを習い始めて1年が経ちました♪
(^o^)

正式に習い始めたのは、昨年の11月からですが、その前に体験として10月に二回ほど
レッスンを受けたのです。
それから、毎週月曜日、手術後二回休んだ他は、振替などもしながら
全部通っています。

最初、テレビや雑誌などで”ピラティス”と言う名前を聞きかじり、
何となく体に良さそうだなあ、と、見よう見まねでまねしていたりしていました。
でも、自分一人ではよくわからないし、
売っている本を見ても、結局、核心となるポイントがよくわからない・・・。
きちんと教えてくれるところはないだろうか、と
ネットで検索していたら、なんと、すぐ近くにピラティスの教室があるではありませんか!

場所もバスターミナルの直、上と言うことで通うのもすごく便利、
これはチャンス!とばかり、すぐに体験を申し込んだのでした。

もう、初めて行ってレッスンを受けた日は、もう何が何やら、よくわからない・・と
言うのが正直な感想でした。

まず、呼吸法。ピラティスは胸式で、どんなポーズをするのにも
この呼吸法が全てものを言います。
昔、ヨガをやったことがある私ですが、全く違う呼吸法です。

呼吸法は、そのまま正しい姿勢を保つことにも繋がって行きます。
きちんとまず、立っている姿勢を作ります。骨盤を立てて、右にも左にも偏らず、
背骨を意識して、真っすぐに立つ。
とにかく、これがまずできないんですよね。^^;

そして、正しい呼吸とは、胸をただ膨らませればいいというものではなく、吐くときも
下腹から、体を締め上げて行くように、少しずつ少しずつ・・・。
で、これをやろうと思うと、今度は肩に力が入ってばりばりに・・・。^^;
肩に力が入ってはダメで、いつも肩甲骨を意識し、背骨を延ばすことを意識しつつも
肩は下がっている状態。

これを踏まえつつ、いろいろなポーズをやって行く訳ですが、
もうね、その辺になると体のあちこちが痛くなって来て^^;
できているのかできていないのか(いや、できていないんですけどね(笑))
全然わからず、やっている状態。

体のあちこちが痛くなってくるのも、普段使われていない筋肉がきちんと鍛えられたために
生じる痛さと、
本来の目的ではないところに力が入って、痛くなっている(実はこちらが断然多い(-_-;))のが
あって、その判断も、自分では全くつかないのでした。

それでも、初めてピラティスを習って、翌日、
何気ない動作のときに、酷く激しいとかではなく、
何となく”ピリリ”とした筋肉痛の快感は、今でも忘れることのできない感動でした。

「ああ、芯(コア)を鍛えて行くってこういうことなのかな?」と
なんとなく、あくまでも何となくですが、
ピラティスが少し自分に近くなったような気がして嬉しかったものです。

けっして見た目のポーズではなく、
一番大事なのはコアの意識ということ。
だから、腹筋もどこまで体が上がるかではなく、正しい姿勢が崩れていないか、
首に力が入らず、背中ではなく、あくまでもお腹の力だけで上げる。
それで、少ししか上体が起きなくても、お腹で支えられていればそちらの方が
betterとなります。

格好つけることもなく、自分のペースで無理なく、コアが鍛えられて行く、
それこそピラティスの最大の魅力と言えましょう。

さて、ご存知かと思いますが、私は今年2月末、思わぬ腫瘍ができて手術を受けました。
いまだ、その傷跡には保護のテープを貼り、時々疼くこともあるのですが、
その後もピラティスはとても私に役立ってくれました。

さすがに手術後二回ほどは通えなかったので休みましたが、
抜糸後、無理をせず、できるポーズをすることで、
体の疲れを取ったり、
また、手術でおかしな歩き方をしたり姿勢が良くなかったりしていたのを
矯正できたり、そして何と言っても精神的なストレスも発散できたのが
とても良かったです。

メンタルなことは、いつも明るく、懇切丁寧に教えてくださる先生や、
一生に学ぶ他の生徒さんたちとお会いすると言うのも、
すごくすごく助けられていました。
本当に、私はピラティスがなかったら、かなり参っていたことでしょう。

さてさて、こうして一年・・・。
あっという間でしたが、成果としては腰痛が全くなくなりましたね。
これは今年一年、ピアノに長時間座ることがなかったから?とも思いますが、
ピアノをやっていなかった時にも
酷い腰痛でペインクリニックに通っていたりしていましたからね、
手術後、変な姿勢でいることも多かったのに、腰痛が全く出なかった、というのは
真面目にピラティスのおかげです。

元々、体力ゼロ、で運動音痴の私ですが、
私の中では、私なりにの基準では、前よりも腹筋がついて
また、正しい姿勢を心がけるようになったのも大きいと思います。

今日のレッスンは、何と私を含め、生徒が二人!?で
大変ハードで有り難いものでございました・・・。(^_^;)
はい、一年や二年では、まだまだ、まだまだ、でございます。
それでも先生から
「前に比べたら、首に負担がかからなくなって来たでしょ。胸も開くようになって来ていますよ」と進歩のお言葉をいただき、嬉しゅうございました。(^^)

さあ、これからもピラティス続けてがんばります!!

そして、いずれは・・・



Tarzan特別編集 渡辺満里奈 ピラティス道


満里奈ちゃんのように、美しく、正しく、
ポーズができるようになりたいですね♪

目指せ、ピラティス道!!
ラベル:ピラティス
posted by 乃琶 at 17:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球・競馬・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。