2007年05月07日

「犬養道子基金」チャリティーコンサート〜母が参加した合唱〜



GW最終日の昨日、札幌コンサートホールKitaraで行われた
「犬養道子基金」チャリティーコンサート〜難民の青少年教育資金のために〜に、びびと行ってきました。

プログラムは
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第5番
山田耕筰:歌曲メドレー 「北原白秋作詞/砂山 この道 ペチカ 待ちぼうけ からたちの花」
ガーシュウィン:パリのアメリカ人
ビゼー:オペラ「カルメン」より 前奏曲 ハバネラ 花の歌 ジプシーの歌

指揮/坂井 繁
管弦楽/札幌アルカディア室内管弦楽団
合唱指揮/藤田 道子
合唱団/コール・桑の実

実はこの合唱団「コール・桑の実」に、私の母が所属しておりまして、
二曲目の山田耕筰歌曲メドレーと、最後のカルメンに合唱で参加したのです。
正直、母が出るから、びびはおばあちゃんが出るから、と言うことで行った演奏会でしたが、
管弦楽団、楽器のソリスト、声楽のソリストの方々の
非常に高いレヴェルには、めちゃくちゃ驚きました。(*_*)
アルカディア管弦楽団は、プロの方とアマの方で結成されており、
ソリストの方々はもはや一線で活躍されていて、音大や専門教育を受けて来られた方ばかりですが、現在は中学校や高校の先生をされていらっしゃる方もいて、
それでいてこの完成度の高さ!と感嘆しまくりでした。

で、肝心の母参加の合唱・・・。
山田耕筰は日本語ですが^^;カルメンはもちろん、フランス語!\(^o^)/
「いや〜、フランス語なんて、覚えられるかしら?仮名振って必死よ〜」と言っていた母でしたが、どうしてどうして。
周りのすばらしい演奏にもけっして引けを取らず、堂々とした見事な合唱で
コール・桑の実、とっても美しい響きで素敵でした。(^^)

実は、母ですが、ここ数ヶ月、ずうっと体調が良くなくて、
毎日のように病院へ行ったり、検査を受けたり、遠くの治療院まで行ってみたりで
娘の私は心配続きでした。
もともとそんなに丈夫ではない人なのですが、いつも気力で乗り切り、
また、この合唱の他に、フラダンスなどのカルチャースクールにもいろいろ通い続けていて、友だちも多く、お付き合いも盛んで^^;、とにかく休まない人なのです。
その母が、最近、どうしているかな?とメールをしたら
「今日は朝からだるく、ずっとパジャマで家にいました」とか、そういうのも近頃
あるようになって来て・・・。(-_-;)

実家は我が家から車で10分程度(冬なら15〜20分)のところにあり、
元町イオンのすぐそばなので、私は買い物をわざとそちらでするようにして、
毎週様子見に行っていたりもしていますが・・・。
そのときも、あんまり調子良さそうじゃないな〜、と言うのが
よ〜くわかっていたので、
はっきり言って昨日のコンサートも大丈夫なんだろうか?と
不安で不安でしょうがありませんでした。
観た限りでは、大舞台での母はとても気持ちよく歌っていましたが・・・。

終演後、関係者用入り口の前で
母と会ったのですが、幸いに顔色も良く
コーラスのお友達の方にも
「昨日のリハーサルだったら全然声が出なくて、辛そうだったけど、
今日はとっても良く歌っていて声も響いていたのよ」と言われていて
とても嬉しそう。
それを聴いて私もびびも、ホッ。

大仕事を終えていい表情の母に、
昨日行く直前に焼き上げたフィナンシェ(私の十八番ですから(^^ゞ)を
あげたら、
「ありがとう!!お友達にもあげるわね♪」とと〜っても喜んでくれて、ますます笑顔になりました。(^^)

母はお仲間とお茶をする、と言うので私たちはそこで別れ、
私とびびは地下鉄駅まで、Kitaraのある中島公園の中を歩きました。
4日に桜の開花宣言が出た札幌ですが、中島公園もちょうど桜が満開で、
すごく綺麗だったです。↑

その桜を観ながら、どうぞ母がこれからも無理をせず、穏やかに生きて行ってくれますように、と願いました。
posted by 乃琶 at 20:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ピアノ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41080577

この記事へのトラックバック

貴方に贈る愛の歌
Excerpt: 夏川りみとのデュエット曲のために購入。こんなすばらしいデュエットは十年に一度です。心身ともに揺さぶられます!その他の曲もすばらしいですよ。さすがデビット・フォスター、ツボをよく押さえています。ボチェッ..
Weblog: オペラ・声楽をたくさん集めました
Tracked: 2007-10-02 06:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。